【コロナ禍・豪パートナービザ】入国期限を過ぎそうなときは慌てず手続き!

オーストラリアのパートナービザって、入国期限があるのをご存じですか?

私は2021年の10月頃にオーストラリアに移住しようと思い余裕をもってパートナービザを日本から申請したのですが、コロナの影響でビザの審査スピードが速くなり、申請から7カ月、去年の9月にパートナービザ(Subclass309とSubclass100)が下りてしまいました。

そして、引っかかったのがこちら。

「For first entry, arrive by」

Sake

なんだと…!?

「この日付までに来いよ」っていう入国期限が設けられていたのです。しかも、その日付はビザが出た日の一年後。2020年の9月○日にビザが出た私は2021年の9月○日までに入国しないといけないことになってしまいました。

うちのコアラの仕事の契約が終わるのは8月末なのに、9月に入ってすぐに渡豪するのはなかなか大変です。

まして、今はコロナ禍まっただ中。飛行機もなかなか取れないそうで、メルボルンへの直行便なんて今は飛んでいません。

Sake

もう少し猶予期間が欲しいな~。

と思ったので、調べてみました!

結論から言うと、ビザのお知らせに書かれた入国期限を過ぎそうな際は、ちゃんと手続きすれば大丈夫です!

オーストラリア内務省(Department of Home Affairs)のホームページにアクセスすれば3分でわかることですが、せっかくなので紹介しますね。


もくじ

パートナービザ取得後の入国期限、延長できます

パーマネントビザか仮の家族ビザ(Provisional family visa、Sublcass309等)を持っている人で、Initial Entry Date (First Entry Date)までに入国できそうにない人は、Travel facilitation letterというものを申請して発行してもらうことで、入国期限を過ぎてからもオーストラリアに入国できるようになります。

ビザの種類で条件は変わりますので、必ず詳細:Permanent resident of Australia – Australian citizens, permanent residents or New Zealand citizens usually resident in Australiaを確認してください。Subclass 300の方は該当しない、または、別の手続きを行う必要があるようですのでご注意ください。

Travel facilitation letterを申請できる人

  • 有効なパーマネントビザかProvisionalの家族ビザ(Partner, Parent, Child or other family visa)を持っている人
  • Visa grant letterに書かれているInitial Entry Date (First Entry Date)が入国する前に切れちゃいそう、または切れちゃった人
  • Initial Entry Date (First Entry Date)が切れちゃいそうな人は、切れるまであと3カ月を切っていること
  • Travel facilitation letter申請時に渡航予定が立っている人

Travel facilitation letterを申請するにはこの四つの条件を満たしていなければいけません。

注意したいのは、「Initial Entry Date’ (First Entry Date)」は「Must Not Arrive after Date」ではありませんよ、ということ。

「Initial Entry Date (First Entry Date)」はビザ取得日から一年後の日付、「Must Not Arrive after Date」はビザ取得日から五年後の日付になっていると思います。ここでお話している入国期限は「Initial Entry Date (First Entry Date)」の方です。

Travel facilitation letterはどこで申請するの?

Travel facilitation letter request formから申請できますよ。

入国期限を過ぎそうなときは、このフォームからTravel facilitation letterを申請して発行してもらい、渡豪の際に持参することで、出国・入国の際にスムーズにチェックインできるようになります。

私も手続きしました!

ということで、私もいつオーストラリアに行けるかわからなくなり手続きをしました。(2021年7月)

手続き自体は質問にいくつか答えてパスポート情報やビザの情報を入力するだけです。

夜に手続きをすると、その翌日の朝にTravel facilitation letterがメールで届きました。

メールの内容はこちら。

Thank you for submitting a Travel Facilitation Letter request.

Please find attached a Facilitation of First Entry to Australia letter in relation to your Partner BC 100 visa.

This letter is valid for 12 months and it allows you to enter Australia after your initial entry date up to ** July 2022.

I trust that this assists your request.

※**は日付が記載されていました

一年延長するよ!ってわかりやすく書かれています。

が、肝心のTravel facilitation letterは…

なんか、わかりにくいです。

渡豪の際はこれとビザのGranted letterを印刷して持って行くのですが、内容がわかりにくく飛行機のチェックインカウンターで確認を取るのに時間がかかるかもしれないので、空港には余裕を持って行こうと思います。

渡豪前に移民局ホームページでコロナ関連情報をチェックしておこう

コロナによりオーストラリア入国の際に必要な手続きや書類などが増えている場合があります。渡豪する際は随時オーストラリアの内務省(Department of Home Affairs)のホームページを確認しておきましょう。

COVID-19 and the border – Coming to Australia

まとめ

この記事では、オーストラリアのパートナービザの最初の入国期限は過ぎそうでもちゃんと手続きすれば大丈夫ですよ、ということを紹介しました。

ただでさえ大変な海外移住の難易度がコロナウイルスによりさらに上がってしまっていますが、無事に渡豪しオーストラリアで新たなスタートを切れることを願っています。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる