【豪ビクトリア釣り】モーニントンはイカ墨だらけ?メルボルンから車で1時間の海の街

メルボルンから南島に一時間ほど車を走らせたところに位置するモーニントン半島。

きれいな海とワインが有名なこの半島は、夏には多くの海水浴客で賑わっています。

そんなモーニントンに新年早々、釣りをしに行ってきました!

しかしながら…最初に言います。ボウズ(釣れなかった)でした。釣果情報はありません。

それでも釣り人で賑わっていたので、メルボルンからの日帰り旅行にもピッタリな「モーニントン」の街やビーチ、釣り情報を紹介しますね。

Sake

私はさほど釣りに詳しくない釣り好きですので、ご参考までにどうぞ。


もくじ

Mornington(モーニントン)情報

軒を連ねるワイナリー、賑やかな海辺の村、海岸線沿いの美しいウォーキングトレイルなどがあるモーニントン半島は、メルボルンの人々が夏を楽しむ場所です。

参照:モーニントン半島ガイド – オーストラリア政府観光局

詳しくは、オーストラリア政府観光局のウェブサイトを見てね。

遠浅で海がきれい

オーストラリアで海が汚いところを探す方が難しいですが、

モーニントンのビーチも水がきれいです。

遠浅なので、小さな子供も海水浴を楽しんでいました。

ブライトンのビーチで有名なビーチハウスも一応はありますが、数が少なくそんなにかわいくないのでビーチハウスを見るならブライトンに行った方がいいですよ。

ちなみにこちらの写真、すごいのが写っているのですが、わかりますか?

水着のお姉さんたちではなく…

写真左下、巨大エイ。

水着のお姉さんと比べると、その大きさがわかると思います。1.5m以上あったんじゃないかな。

砂浜ギリギリまで入ってくるので、気をつけてくださいね。

エイの尻尾には毒のあるトゲがあります。

Sake

エイって釣りをしてるとよく見るんですよね。
デカくてビビる。

街中の様子

年始だったからか車を通行止めし、歩行者天国になっていました。

小さな街ですが、カフェやレストラン、雑貨屋が並んでいて街歩きも楽しめます。

お食事処はビーチの近くにもあり、アイスやフィッシュアンドチップスを売るフードトラックも来ていましたよ。

今回の釣り場はここ「モーニントン・ピア」

駐車場

ナビでモーニントン・ピアを目的地にするとそこにも駐車場がありますが、夏は満車の可能性が高いです。

5 Queen St辺りの駐車場に止めて歩いて桟橋まで行くのもありだと思います。

トイレ

釣り場付近はモーニントン・ピアの駐車場近く、街中ならショッピングモールなどで利用できます。

釣れる魚

  • 鯛(赤、黒)
  • ゾウギンザメ
  • ヒラマサ
  • ダイオウギス
  • オオニベ
  • オーストラリアンサーモン
  • イカ
  • ガーフィッシュ

私はボウズだったので正しくは「釣れるはずの魚」ですね…。

船釣りで釣れるものも含まれていますが、メルボルンでも釣れそうな魚が多いです。

ビーチの浅瀬には20cmくらいのキスっぽい魚がいっぱい泳いでました。

ただ、子供やシュノーケリングを楽しむ人が多すぎたので、浜でのキス釣りは断念。

Sake

キスの天ぷら食べたかった…。

釣り場の様子

桟橋の先端を背に駐車場方面に向かって
駐車場側を背に桟橋の先端に向かって

私は13時頃に着きましたが、もうほぼスペースがないくらいに賑わっていました。

写真二枚目、桟橋の先端の方には船を止めるための海すれすれのスポットもあります。そこでは釣り竿を使わずに手で釣り糸を垂らし釣りを楽しんでいる子供たちがいました。

海から上がるためのハシゴ付近では飛び込みを楽しむ子たちもいますので、そっちには投げないようにしましょう。

イカがいる予感

桟橋のあちこちにイカ墨の跡が残っていました。

アオリイカでしょうかね。エギングによさそう。

Koala

暑いからしゃくる気力ないデス。

この日の天候

当日は暑すぎないくらいの気温でしたが、前日40度近い猛暑に見舞われたんですよ。

そのせいか…みんなアタリすらない様子で、誰も釣れていませんでした。

遠浅なので水温が上がってたのかもしれません。涼しい日か朝まずめ、夕まずめ狙いがいいかも。

風は14km/hくらいまでなら下手な私も全然投げられましたが、さすがに20km/hを越えてくるとお隣さんとの距離も近いですし中断かなって感じです。

釣った感想

もずくみたいなのがいっぱい釣れました。

底をとってズルズルしない限りは根掛かりしないと思いますが、桟橋の手前10mは要注意です。

Sake

一回見事に引っかけちゃいました。

向こうの方にはシティーも見えます。

切り上げたその時…!

風が強くなってきたので明るいうちに切り上げたのですが、駐車場近くで釣ってたおっちゃんに何かかかった!

結構引いてる!大物か!?

当たりがなく暇を持て余し集まる釣り人たちに見守られながら釣り上げるおっちゃん。

えっ…どこ?

名前忘れた。エイみたいなサメ。

解散!

今回のお食事処「Yabbies Fish & Chips & burger bar」

海街に行けばフィッシュアンドチップスでしょう!

ということで、街中にあるYabbies Fish & Chips & burger barに行きました。

2人用セットで20ドル。

この日は青魚2つ、イカリング2つ、エビ2つとフライドポテト。

ここのフィッシュアンドチップスは衣が薄めです。

サックサクな衣が好みの人にはおすすめしません。青魚はアジフライみたいでした。

Googleでのレビューは4.4の高評価なのですが、イカもエビも生臭さというより水臭さがあって、私的に味はビミョーだったのですが…

サービスで大きなエビを4匹ももらえちゃいました。評価がいいのはこのせいかも。

背わたがすごくてこれまたビミョーだったのですが、水揚げ前に餌止めされてない健康・新鮮なエビなのだと思います。

おまけ

日本で買ってきてよかった釣り具を紹介しますね。

▼4ピースでコンパクトな釣り竿。大きなスーツケースにも入るんです!

▼オーストラリアにも売ってるけど高いパワーイソメ! 分解される素材で魚と環境に無害です。

マルキュー(MARUKYU)
¥591 (2022/01/05 19:53時点 | Amazon調べ)
Sake

こっちではゴカイやイソメのような生き餌をあまり見かけないので、パワーイソメをカバンに入れておくと使えるかも。

まとめ

実は私、釣り日記を書くのは初めて。

早く釣った魚の写真をUPできればな~とワクワクしながらメルボルン近辺を釣り竿とともに徘徊しようと思います。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる