タスマニア【ローンセストンで泳ぐ】観光の定番から穴場まで3選!

メルボルンから飛行機で一時間で着くタスマニアの第二の都市Launceston(ローンセストンまたはロンセストン)

街の中に公園があったり、適度なサイズ感のシティー中心地に歴史的建造物が建ち並んでいたり、オーストラリア本土からちょっと気分転換に遊びに行く、ということもできる都市です。

Koala

メルボルンからフェリーも出てるのでマイカーと一緒にロンセストンまで来ることもできますヨ! 

今日は、ローンセストンの水辺でまったりしたり、一泳ぎしたい人におすすめのスポットを三つご紹介します。


もくじ

カタラクト渓谷(Cataract Gorge)

渓谷というとなんとなく山奥にあるイメージなのですが、ロンセストンのカタラクト渓谷(Cataract Gorge)はシティーの中心地から車で約10分とアクセスのいいところにあります。

気合いさえあればシティーから歩くこともできますよ。徒歩30分くらいです。

ここには子供用の浅いプールと大人用プール、そしてプールの奥には湖があり、そこでも泳ぐことができます。

ただ、湖は足がつかないほど深いので、泳ぎが得意な人だけにしてください

Koala

バクテリアが大量発生したら湖には入れなくなるので、誰も入っていないようなら入らない方がいいヨ。

湖の方にはこういう飛び込み台(?)もあり、みんなピョンピョン飛び降りていました。

日差しが強いので夏はみんな木陰の下にシートを敷いてまったりしています。

カタラクト渓谷の利用料金(駐車料金)

入場料のようなものはなく無料ですが、駐車場を利用する際は駐車料金がかかります。

カタラクト渓谷の駐車場

【営業時間】月曜日~日曜日 午前9時~午後5時

【料金】(参照:City of LAUNCESTON
4時間まで $4
1日 $6

【料金の支払い方】
駐車料金を払うのは車を駐めたときです。帰りではないので注意してください。車を駐めたら料金支払機でお金を払い、出てきたチケットをフロントガラスのところ(もちろん車内)に外から見えるように置いておきましょう。

カタラクト渓谷の見どころ

ここは泳ぐだけのところではありません

有名なチェアリフト

全長457メートルあるチェアリフトですが、真ん中の柱のない部分の長さが308メートルでその部分が世界最長だそうです。

そしてこのチェアリフトが作られたのは1972年!

チェアリフトの利用案内
チェアリフト料金表片道往復
大人$13$16
コンセッション$10$12
子ども(15歳以下)$8$10

※コンセッション割引は一部の在住者など対象者のみ。

※3歳以下は無料です。

年中無休、午前9時から運行しています。

営業終了時間は季節ごとに違い、

  • 冬は午後4時半
  • 春と秋は午後5時
  • 夏は午後5時半~6時

なので微妙な季節は早めに行かれてください。

【参考ページ】Gorge Scenic Chairlift Rates

孔雀がいる

何故か孔雀がいます。

調べたところ、1800年代後半にカタラクト渓谷の開発を担当していたチームがヨーロッパから植物や鳥(孔雀)を輸入したそうで、その後そのままここで繁殖していったそうです。

【参考記事】A layman’s guide to Launceston part I: 17 things you always wanted to know about Tassie’s top town

12月のあじさいが咲く時期に行くと、あじさいと孔雀の色が鮮やかでかなりインスタ映えする写真が撮れます。

かなり身近で見れるので、こんな舞台裏も見ることができます

チビ太みたいな頭の形の孔雀の赤ちゃんに会うこともできるかもしれません。

どういうわけかこの孔雀たちはカタラクト渓谷から外に出ようとはしないので、ロンセストンのあちこちに孔雀がいるわけではなく、カタラクト渓谷にしかいませんよ。

The Gorge Restaurant(レストラン)

こんな感じのおしゃれなレストランもあります。

メニューはThe Gorge Restaurant(クリックして移動)をご確認ください。

その他

小さいフィッシュアンドチップスなどが売ってるカフェや自動販売機もありますし、動物は孔雀の他にワラビーやパディメロンなどもいました。

この子がパディメロン。パディメロンはヤブワラビー属のタスマニアの固有種で、タスマニアにしかいません。

カンガルーもワラビーもパディメロンもシルエットはほぼ同じですよね。

所在地・その他情報

施設名カタラクト渓谷(Cataract Gorge)
所在地74-90 Basin Rd, West Launceston TAS 7250 オーストラリア
ホームページlauncestoncataractgorge.com.au/index.html

St Leonards Picnic Ground(セントレナーズピクニックグラウンド)

St Leonards Picnic Ground(セントレナーズピクニックグラウンド)はノース・エスキモー川で遊べるピクニック広場です。

私は足を浸かるくらいで満足するタイプですが、現地の人たちはみんな水着でバッシャバシャ遊んでました。

カタラクト渓谷はプールもあり自然もあり、孔雀やチェアリフトなどの見どころもありますがそのぶん人も多いので、もっとのんびりしたい人にオススメのスポットです。

川で遊んで疲れたら木陰にシートを敷いて寝転びながらまったりできます。

ここもシティーの中心地から車で10分ちょっとで来れる距離です。

所在地・その他情報

施設名セントレナーズピクニックグラウンド(St Leonards Picnic Ground)
所在地77-81 Station Rd St Leonards TAS 7250 オーストラリア
駐車場台数はあまり多くありませんが、無料で駐車できます。

Blackstone Park(ブラックストーンパーク)

シティー中心地から車で20分かからないくらいのところにあるブラックストーンパーク

ここではトレバリン湖で泳ぐことができます。

こんな感じで岸が砂浜っぽくなだらかになっているので湖の中に出入りしやすいですが、大きめの石がゴツゴツしてるので足下に気をつけてください

インスタで検索してみましたが写真が上がってないので、そこそこ穴場だと思います。

静かに過ごしたい人におすすめです。

ここも駐車場は無料で、誰でも無料で使える公共のBBQグリルとお手洗いもあります。

所在地・その他情報

施設名ブラックストーンパーク(Blackstone Park)
所在地Blackstone Park Dr, Blackstone Heights TAS 7250 オーストラリア
駐車場有り

まとめ

今日は、メルボルンから近いタスマニアの都市ロンセストンの泳げるスポットを3つご紹介しました。

南にあるので夏も夜は肌寒いことが多いタスマニアですが、昼間の日差しが強いときに大自然を感じながら水遊びをするのはいかがですか?

ロンセストン旅行の参考になればうれしいです。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる